2014/11/9(日)

◇IS杯3回戦◇開始9時10分◇若園運動広場
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
MPCフェイバリッツ 1 0 0 1 0 2 7 0
ワンステップクローザー 2 0 1 0 X 3 3 2
【投手】 ●宇登(16勝12敗1セーブ)
【安打】 京極(27) 梅鉢(39,40) 吉川(8) 宮内(23) 河原(25) 松本(25)

◇戦評
降り続く雨で、中止必至と思われたこの試合。しかし事務局の強引な運営により、水溜りだらけのグランドで、雨の中試合は決行された。

初回、無死一・二塁から3・4番が倒れて二死二・三塁と嫌なムードが漂ったが、続く梅鉢が価値ある先制タイムリー。

その裏、先発・宇登投手は雨の影響で大乱調。先頭から連続四球を与えると、3・4番に連続タイムリーを浴びて逆転を許した。さらに四球を与えて無死満塁と大ピンチは続いたが、何とか踏ん張ってここは2点どまり。しかし3回、一死から四球の走者を一塁に置いて、6番打者にセンターオーバーのタイムリー三塁打を浴びて2点差に。

打線はようやく4回に反撃。二死満塁のチャンスを作ると、ここで4番・松本はボテボテのゴロが幸いして、タイムリー内野安打に。この時、二塁ランナーの河原も一気に本塁を狙ったが、これはタッチアウトとなり三者残塁。

最終回、梅鉢が二塁打などで一打同点のチャンスを作ったが、後続が三人とも打ち上げてしまい、万事休す。ここで時間切れとなり、ゲームセット。

テーブルスコア

※色つきのセルをクリックすると画像/映像がポップアップします。
守備 名前 打数 得点 安打 打点 打率 1 2 3 4 5
(中) 京極 2 2 1 0 0.267 中安 四球 - 中ゴ -
(三) 河原 2 0 1 0 0.221 四球 二飛 - 中安 -
(遊) 吉川 2 0 1 0 0.190 右飛 - 左2 四球 -
(右) 松本 3 0 1 1 0.291 三ゴ - 一邪 三安 -
(一) 梅鉢 3 0 2 1 0.294 左安 - 中飛 - 左2
(二) 川畑 2 0 0 0 0.229 三ゴ - 遊失 - -
河本 0 0 0 0 0.093 - - - - 四球
(投) 宇登 2 0 0 0 0.219 - 四球 投ゴ - 右直
(捕) 宮内 3 0 1 0 0.185 - 遊飛 - 右安 左飛
(左) 高瀬 1 0 0 0 0.231 - 投ギ - 捕邪 -
神田 1 0 0 0 0.182 - - - - 一邪
合計 21 2 7 2
勝敗 名前 試合 回数 打者 球数 安打 四死 三振 失点 自責 防御率
宇登 16 12 1 37 4 21 90 3 7 2 3 3 1.52